Science

確実に力がつく電磁気の参考書10選【東大生のオススメ】

確実に力がつく力学の参考書10選【東大生のオススメ】

 

  • 力学のオススメの参考書が知りたい..
  • 大学の電磁気が難しすぎる…
  • マックスウェル方程式をしっかり理解したい

この悩みと疑問を解決していきます。

実は、ここで紹介する『確実に力がつく電磁気の参考書10選』をやれば、マックスウェル方程式をしっかり理解することができます。

私も大学の電磁気学の理解には苦しみましたが、ここで紹介する『電磁気の参考書10選』のおかげでマックスウェル方程式をしっかり理解できました。

*「しっかり理解する」というのは、マックスウェル方程式から視覚的なイメージができるようになること

また、大学院試の電磁気もほとんど解けるようになりました。

この記事では、読者のレベルに合わせて電磁気の参考書を10冊紹介していきます。

記事を読み終わり「電磁気が全く理解できない…むしろ嫌いになった」という場合は、私のTwitterのDM(努力のガリレオのTwitter)で文句を言ったり、わからない部分を質問してもOKです。

Yuma
Yuma
可能なら解説記事を書きます

電磁気の参考書【初学者 or 電磁気学苦手な人にオススメ】

 

ここでは、電磁気を勉強したことがない人や電磁気が苦手な人にオススメな参考書を紹介します。

電磁気ができなくなる最大の要因は、難しい数式に圧倒されてしまうことです。

これから、紹介する本は数式に圧倒されないように詳しい大学数学の解説も載っている本を紹介します。

電磁気の参考書【初学者・電磁気が苦手な人にオススメ】

  1. よくわかる電磁気学
  2. 電磁気学(講談社基礎物理学シリーズ)
  3. 電磁気学1 電場と磁場
  4. 電磁気学2 変動する電磁場

あまりに物理数学ができないという方は下記を参考にしてください。

確実に力がつく物理数学の参考書10選【東大生のオススメ】物理数学は物理を学ぶためには必要不可欠です。この記事では、私の経験から確実に力がつく物理数学の参考書を10冊に厳選して紹介しました。詳しい内容は記事を参考にしてください。...

よくわかる電磁気学

難易度
院試対策オススメ度
読み終わる期間 3週間程度

 

難しい数学もキレイな図を用いて説明してるので理解しやすいです。

この本を使用すれば、マックスウェル方程式の数式の視覚的イメージが身につくこと間違いなしです。

分量がそこそこあるので、短期間で電磁気学を身に付けたいという人にはオススメできません。

電磁気学 (講談社基礎物理学シリーズ)

難易度
院試対策
読み終わる期間 1週間程度

 

物理数学の詳しい解説も載っていて、幅広い範囲が載っている初心者にとって完璧な一冊です。

章末問題は、院試や定期試験でもよく出てくるような問題が載っていて実践的です。

Yuma
Yuma
個人的な意見ですが、マ●マシリーズよりも広い範囲を扱っていて物理数学の解説も丁寧です。

講談社の力学は特にオススメです。

詳しい内容は下記を参考にしてください

確実に力がつく力学の参考書10選【東大生のオススメ】大学の力学に苦戦していませんか?苦戦している理由は、簡単です。良い力学の本に出会っていないからです。時間の無駄をしていますよ。とりあえず、そんな人は、この記事を参考にしましょう。東大大学院合格者の教える最高の力学教材を紹介しています。...

 

電磁気学 I 電場と磁場 (物理入門コース 3)

難易度
院試対策
読み終わる期間 1週間程度

 

良質な例題と無駄のない解説が最高です。

高校レベルの電磁気学ができているなら、この本をオススメします。

特に大学院試を受ける場合は、この電磁気学1と電磁気学2をやれば基本的に範囲をカバーできると思います。

その範囲をカバーしていて、解説がここまで明快なのはこの本くらいしか知りません。

Yuma
Yuma
私は、この本を3回ほど読みましたが、毎回この本のまとまり具合に驚かされていました。

電磁気学 2 変動する電磁場 (物理入門コース 4)

難易度
院試対策
読み終わる期間 1週間程度

 

ベクトルポテンシャルや電磁場の話が丁寧に説明されています。

院試を受ける予定の人は必ず読んでください。

なぜなら、院試頻出の表皮効果や物質中の電磁場の解説が丁寧な解説でまとまっているからです。

Yuma
Yuma
この本のおかげで院試の電磁気に対応できるようになりました。

 

電磁気の参考書【電磁気を得意科目したい人にオススメ】

 

電磁気を得意科目にしたい人や少し物足りない(相対論に繋がる話が知りたい)という人にオススメ参考書を紹介します。

電磁気の参考書【電磁気を得意科目にしたい人にオススメ】

  1. 電磁気学 (物理テキストシリーズ 4)
  2. 理論電磁気学

 

電磁気学 (物理テキストシリーズ 4)

難易度
院試対策
読み終わる期間 3週間程度

 

単語帳のようなサイズですが、電磁気の解説が簡潔にまとまっています。

この本を読むだけでかなり高度な電磁気を習得することができます。

そんなに分量もないので、1行1行丁寧に3週間くらい時間をかけて読むことをオススメします。

Yuma
Yuma
読み物としても面白い本でした。これを1冊目に読んでも良かったなと少し後悔しました。(全くの初学者は無理かも…)

理論電磁気学

難易度
院試対策
読み終わる期間 一年間

 

大学1年〜2年の人で、すでに電磁気学の基本的な参考書を一冊読んでいる場合は、この本に挑戦してみましょう。

驚くかもしれませんが、この本は最初からマックスウェル方程式の登場から始まります(一度電磁気の基本的な参考書を読んでいる場合はそこまで難しく感じません)

しかし、よくまとまっていますし網羅性も最強です。

院試を予定している1年生、2年生は読むことをオススメします。

*院試が近い人はこの本を避けないと他の教科との両立が難しくなるかもしれません。

Yuma
Yuma
大学院試の時は辞書がわりに使っていました。東工大でも東大でも基本的にこの本に書いていない内容は出題されません

電磁気の問題集【院試対策】

 

ここから、院試を受ける人のために院試対策に使える問題集をオススメします。

電磁気学の問題集【院試対策】

  1. 詳解電磁気学演習
  2. 電磁気学 第2版 (大学院入試問題から学ぶシリーズ) 
  3. 演習 電磁気学 (セミナーライブラリ物理学)
  4. 例解 電磁気学演習 (物理入門コース 演習2)

大学院試の合格体験記では各合格者が実際に使用した問題集等を紹介しているので参考にしてください

詳解電磁気学演習

難易度
院試対策
読み終わる期間 読者による

全てを読む必要なし(主要な問題のみ解いていく)

*中古で買ったりするとボロボロなことも多いので、対して値段もしないので新品を書くことをオススメします(私の経験)

院試を受ける方はこの本をやるべきです。

理由は、解説が丁寧で問題数も多いからです。

院試の問題は、ほとんどこの問題集から出題されます。(院試の解答作成の時の辞書としても使えます。)

Yuma
Yuma
私も、院試対策を始めた頃に、この問題集の8割くらいの問題を解きまくりました。

電磁気学 第2版 (大学院入試問題から学ぶシリーズ)

難易度
院試対策
読み終わる期間 2週間

 

院試対策の問題集として意外と知られていませんが、かなり良い問題集です。

基本的に難関大学院試の問題を解きながら、詳しい解説と共に理解を進めていくという感じです。

解説の詳しさは、問題集の中でも1番です。

1問解いて10を得られるという感じです。

Yuma
Yuma
『詳解電磁気学演習』の問題を解き終わってからやりましたが、一気に応用力が上がりました。

もっと多くの人がやるべき本です…

 

演習 電磁気学 (セミナーライブラリ物理学)

難易度
院試対策
読み終わる期間 2週間程度

 

『詳解電磁気学』はどうしてもやる気が出ないという方はこの本もオススメです。

網羅生は、『詳解電磁気学』に負けていますが多くの良問が載っています。

可能なら詳解電磁気学もやり、この参考書もやるのがベストです。

英語試験の両立が難しい人は、この一冊だけでもOKです。

TOEFL itp の参考書』を詳しく知りたい方は下記を参考にしてください

【院試対応】TOEFL itp を15冊の参考書で完全攻略大学院試のTOEFL itp は難易度が高いので適切な参考書で勉強しない限りスコアを上げることはできません。この記事では、東大大学院合格の経験からTOEFL itpを攻略するための参考書を15冊紹介します。この参考書だけやれば合格率は上がること間違いなしです。...
Yuma
Yuma
立体角の問題やMaxwell方程式の問題は、とても良問で勉強になりました。

私は、この問題集を電磁気学の理解の確認をするために院試の1ヶ月前くらいにやりました。

例解 電磁気学演習 (物理入門コース 演習2)

難易度
院試対策
読み終わる期間 4週間程度

 

この本は、院試勉強のグループメンバーで1ヶ月くらい時間をかけて丁寧に一周した問題集です。

『電磁気学Ⅰ, Ⅱ』を読んだ読者は、この本の問題を解くことで理解がかなり深まります。

どの問題も良問で、まさに無駄のない問題集です。

私は、院試をグループで勉強し効率的に合格率を上げることができました。

難易度が高い大学の学問を独学で行うと誤解が多くなってしまいます。

しかし、グループで院試の解答発表会や勉強会をすることで誤解を可能な限り減らすことができます。

『院試のグループ勉強方法』について詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

【2020年版】院試勉強法(外部大学院に受かるための秘策はグループ勉強)外部大学院に合格するために秘策は、グループ勉強です。グループ勉強をすることによって情報収集の効率をあげるだけでなく、効果的な筆記試験対策ができます。詳しい方法は、この記事でチェックしてください...

まとめ

 

上記で紹介した電磁気学の参考書を読むことで確実に電磁気を得意科目に変えられます。

院試対策をする方は、紹介した全ての問題集・参考書をやり終えるくらい努力してください。

私は、この10冊(実際は12冊読み10冊を厳選した)を読み、大学院試の電磁気学を完全攻略しました。

本気なら、このくらいやってください。

電磁気学のゴールは、とりあえずマックスウェル方程式を新大学1年生に説明しても理解させることができるレベルにすることです。

もし、機会があれば知り合いや友達と確認し合うことを強くオススメします。

もし、そのような機会がない場合は『ブログにアウトプット』することをオススメします。(ブログの場合は、勉強メモをWebサイトに綺麗にまとめることで、お金を稼ぐことができます。)

実は、私はこの方法で大学生時代の学費を払っていました。

詳しく知りたい方は下記を参考にしてください

https://dreamer-uma.com/top-secret-of-blog-making-us-easy/

ABOUT ME
努力のガリレオ
【運営者】 : 東大で理論物理を研究中(経歴)東京大学, TOEIC950点, NASA留学, カナダ滞在経験有り, 最優秀塾講師賞, オンライン英会話講師試験合格, ブログと独自コンテンツで収益6桁達成 【編集者】: イングリッシュアドバイザーとして勤務中(経歴)中学校教諭一種免許取得[英語],カナダ留学経験あり, TOEIC650点