大学院の合格率を上げる

院試勉強をいつから始めるべきか(東大大学院合格者が徹底解説)

院試勉強をいつから始めるべきか(東大大学院合格者が徹底解説)

 

院試の勉強をいつから始めるべきかわからない…

この記事では、この疑問を解決していきます。

実は、院試の勉強は、
この記事を読み終わった瞬間に始めるのがベストです。

私は、大学院試の勉強を大学一年生の時から始めました。
結果として、東大大学院を合格することができました。

この記事の信頼性に関しては、
私のプロフィールを参考にしてください

Yuma のプロフィール

この記事では、院試勉強を今すぐやるべき理由と
院試勉強に関する噂が事実かどうかを明らかにします。

この記事を読み終えると、
大学院試をなるべく早く始める意味と
院試勉強の具体的なイメージをつかむことができるようになります。

院試の勉強はいつから始めるべきか

最初でも述べたように、
院試の勉強は今すぐ始めた方が良いです。

なぜなら、院試に合格した多くの人が
早い段階で院試勉強を始めているからです。

友人の合格体験記

 

私は、友人と共に院試の勉強を行なっていました。

その友人の合格体験記を参考にして
具体的に院試をいつから始めるべきなのか
イメージをつかんでください。

 

また、グループで院試勉強をすることのメリットについては
下の記事を参考にしてください

【2020年版】院試勉強法(外部大学院に受かるための秘策はグループ勉強)外部大学院に合格するために秘策は、グループ勉強です。グループ勉強をすることによって情報収集の効率をあげるだけでなく、効果的な筆記試験対策ができます。詳しい方法は、この記事でチェックしてください...

 

院試の勉強にまつわる噂

私も院試勉強中に色々な情報収集をしていました。

その時に以下のような怪しい情報を聞いていました。

  • 院試の勉強は三ヶ月前くらいからで十分
  • 英語ができれば院試は受かる
  • 院試の問題は簡単
  • コネが大切

この情報が事実か解説していきます。

院試の勉強は三ヶ月前くらいからで十分

 

完全な嘘です。

厳密には、三ヶ月で受かる人もいると思いますが
普通の人は不可能です。

特に外部の大学院を受けようと考えている人は、
三ヶ月では確実に足りないと思います。

余裕を持って院試勉強をしましょう。

 

英語ができれば院試は受かる

 

これも嘘の情報です。

確かに英語ができるかどうかは合格率に大きく関わってきますが
配点で考えると、専門科目の方がはるかに大きいです。

なので英語が得意だからといって
必ずしも、大学院に受かるわけではありません。

より詳しい情報は下の記事を参考にしてください

【徹底解説】院試勉強法(院試を合格するために絶対必要な情報とは)院試の勉強を効率化するためには、情報量を収集することが重要です。大学入試と異なり情報量が合格率に大きく関係します。詳しくは、この記事を参考にしてください...

 

院試の問題は簡単

 

簡単ではありません。

もし、私を疑うなら、
院試の問題は、基本的に各大学のホームページで公開されているので
調べて解いてみてください。

おそらく、現実を見ることになります
(ごく一部の大学院の問題は、簡単です。)

しかも、院試の問題には解答が基本的にはありません。
もし、院試の解答を手に入れたい人は下のリンクへ

努力のガリレオ store

コネが大切

 

これも完全な嘘です。

たとえ、志望大学院に知り合いがいても合格率は変わりません。

基本的には、筆記試験と面接試験の合計点で合否が変わります。

たとえ知り合いがいたとしても
他の人より情報収集が楽になる程度です。

 

院試勉強は今すぐやるべきです

最初でも伝えたように
院試勉強は、この記事を読み終わった瞬間からやるべきです。

理由は以下の通りです。

  • 院試の問題が簡単ではない
  • 院試勉強はプラスでしかない
  • 就活と院試の両立ができる
  • 英語勉強のモチベになる

 

詳しく解説していきます

院試の問題が簡単ではない

 

一つ目は、院試の問題が簡単ではないからです。

特に、専門科目は内容も難しく理解するのに時間がかかります。

事実、私も院試勉強のために数百冊の本を読みました。

実際に私がやった院試の教材については、
下のリンクで説明しています。

院試で使用した教材はこちら

院試勉強はプラスでしかない

 

院試勉強は、
研究や専門科目の理解度をあげるのに役にたちます。

なぜなら、院試の筆記試験は良い問題が多いからです。

事実、院試の勉強は、今でも研究の役に立っています。

また、院試対策だと思うと学校の講義も真剣に聞こうと思い
結果的に単位を確実に取ることに繋がってきます。

 

就活と院試の両立ができる

 

院試の対策を早めにやることで
院試と就活の両立ができるようになります。

就活は確かに院試の勉強の妨げになりますが、
院試の勉強を早めに始めて、
筆記試験で8割くらい取れるレベルに仕上げることができれば

院試と就活の両立は簡単にできます。

院試を受けるかどうか迷っている人ほど
早めに院試対策を始めるべきです

さらに詳しい内容は下の記事を参考にしてください

【必見】院試と就活は両立可能か?(東大大学院合格者が語る)院試と就活は両立可能です。実際に院試と就活を両方やっていた人の経験談を参考にしてこの記事を書いたので間違えありません。詳しく知りたい人は、読んでください。...

英語勉強のモチベになる

 

院試勉強は、英語勉強のモチベーションになります。

英語の勉強は、
始めようと思っても、何か目標がないと続けられませんよね

その目標を、院試に合格するために設定しましょう。

実際、私も院試合格を意識してから
英語の成績が上がるようになってきました。

当然、院試勉強で得た英語力は就活でも役にたちます。

院試の英語対策の記事については下のリンクへ

【2020年版】院試の英語試験について(東大大学院合格者が解説)院試の英語試験について徹底解説しました。この記事では、英語試験の対策法から注意点などを、東大大学院合格の経験に基づいて詳しく説明しています。詳しくは記事を参考にしてください。...

 

まとめ

 

院試勉強に関係する以下の噂は全て嘘です

  • 院試の勉強は三ヶ月前くらいからで十分
  • 英語ができれば院試は受かる
  • 院試の問題は簡単
  • コネが大切

そして、院試勉強を早めにやる利点は、

  • 院試の問題が簡単ではない
  • 院試勉強はプラスでしかない
  • 就活と院試の両立ができる
  • 英語勉強のモチベになる

 

この記事を読んだ皆さんは、すぐに院試勉強を始めましょう。

 

ABOUT ME
努力のガリレオ
【運営者】 : 東大で理論物理を研究中(経歴)東京大学, TOEIC950点, NASA留学, カナダ滞在経験有り, 最優秀塾講師賞, オンライン英会話講師試験合格, ブログと独自コンテンツで収益6桁達成 【編集者】: イングリッシュアドバイザーとして勤務中(経歴)中学校教諭一種免許取得[英語],カナダ留学経験あり, TOEIC650点