大学院試 lab

【必見】院試と就活は両立可能か?(東大大学院合格者が語る)

多くの人から

「院試と就活の両立はできるの?」と聞かれるので

記事を書こうと思いました。

 

私は、院試の勉強しかしていないので

 

実際に、就職活動をした

院試勉強グループのメンバーである

lalaが答えていきます。

 

lalaの詳細と合格体験記は下のリンクへ

指定校推薦でも合格、東大大学院合格者 lalaの 東大院合格体験記 and 不合格体験記

 

院試と就活は、両立可能かどうか

 

 

100%可能かどうかは、自分の志願する大学によります。

また、どのくらい本気で就活をするかによります。

大学院の内部進学を考えているならば、

対策に時間は、あまりかからないので、就職をがっつりできるかもしれません。

 
 

内部試験なら、多くの場合対策は、簡単ですからね
では、外部の大学院を受けたい人は、
どうなのですか?

 
 

外部の院試の場合は、3年の1〜2月くらいには決断するのがベストですね。

外部の場合、思っているより時間がかかるので・・・

早く決断することは、重要ですね。

 
 

私は、就職活動をしていなかったのですが、

院試の対策をもっと早い段階から、
始めれば問題なく就活もできると思いますね。

院試の対策も、早ければ、早いほど良いですね

院試の対策を、やることによって
英語の能力が上がるので

結局、就活にも有利ですね

 
 

確かに、そうですね

英語は、どこにいっても役に立ちますからね

 

院試をいつからやるべきか知りたい人は、下のリンクへ

院試いつからやるべきか?この記事をみた瞬間からです。

英語のオススメの記事は、下のリンクへ

誰でもできる、最強の英語勉強法 英語が中学レベル以下でも0K 

 

なぜ、内部なら就活を両立しやすいのか

 

 

単純に、
内部の場合、情報量も集めやすく外部に比べたら難易度も下がるからです。

それでも、早めに準備するのが良いです。
内部なら余裕と思うと、意外と落ちるので・・・

 
 

意外と、内部試験があるから大丈夫と思うのは、
危険かもしれないです

実際、東大大学院は受かっているけど、
内部の理科大を落ちてる人は、結構いたので・・

何事も、早めの準備ですね。

 

 

 

院試と就活を両立することのメリット

 

メーカーが多かったのですが、やりたいことが見つかりませんでした

ただ、その事実を知ったおかげで、
大学院でも研究をしたいという意欲になりました。

一度みてみるのも大切ですね。

 
 

どんな会社があるのか知るために行くのも良いかもしれませんね。

私は、実は就職活動をしなかったことを少し後悔してます。

研究がベストな選択肢かどうかを確認する良い機会ですよね。

 
 

そのために、研究室訪問を早めに行って

研究がどんな感じなのかを知るのも、
良いアイデアですね。

とにかく、自分の目で見て、感じることが大切ですね。

 
 

確かに、どんな分野の研究をしているか
自分の目で見て、話を聞いて確認することも
とても重要ですね。

 

研究室見学について知りたい人は、下のリンクへ

【最新版】大学院入試に必ず必要 研究室訪問まとめ 5つのポイント

就職と院試をいつから始めたか

 

インターンは、大学三年の夏に行き始めました。

前半でも、話した通り、大学3年の1月ごろには
大学院試をするという決断ができました。

夏のインターンなら、行っても問題ないと思います。

 
 

確かに、大学4年の4〜5月からは、
院試対策も本格的になってきて
全く、余裕もなくなってくるからね・・・

 
 

院試が、近づけば近づくほど
心と体が、だんだんボロボロになってきたなぁ

院試は、もう受けたくない…

 

なぜ、就活もしようと思ったのか?

 

悩んでいたことは、
オリンピック前だから就職状況が良いと言われていて
少し、気持ちが傾いたからです。

しかし、インターンに行って
自分のしたいこととは、違うことに気づきましたね。

私の周りの友達が、インターンに行き始めて
その波に乗ったというのもありますね。

 
 

やりたいことかどうか確認することは重要ですね。

 

院試と就活を両立することのデメリット

 

私は、短期のインターンだったので良かったのですが
長期のインターンの場合、
院試のことを調べたり、勉強することが全くできません。

ただ、皮肉なことに
長い期間のインターンの方が、
就活において、有利になることが多いです。

短期のインターンのメリットとして
色々な会社をみることができますが

就活において、
アドバンテージには、ならないことですかね

なかなか院試と就活のバランスを取るのが難しいですね。

 
 

個人的には、院試の勉強に期間はないので
早い段階から始めて、就活をするのが良いと思いますね

院試勉強は、プラスでしかないので、早めにやって
就活も、経験として色々な会社をみて

自分の適性が、良い方を選ぶのがベストだと思います。

 
 

院試の勉強は、授業のテストなどにも役立つし、時間のある2年、3年のうちにやっておくのが良いと思います。

私も、もっと早くやってたら、
力学の単位を落としてなかったかも笑笑

私からのまとめは、可能ですが、
本人の能力と志望大学院によるということですね

 

まとめ

院試と就活を両立することは、可能です。

 

しかし、志望大学院と本人の能力によります。

結局、何事も早めに準備が良いということですね。

 

大学院の他の記事記事を見たい人は下のリンクへ

大学院試 lab

 

英語についての記事は、下のリンクへ

English lab

 

ABOUT ME
努力のガリレオ
【運営者】 : 東大で理論物理を研究中(経歴)東京大学, TOEIC950点, NASA留学, カナダ滞在経験有り, 最優秀塾講師賞, オンライン英会話講師試験合格, ブログと独自コンテンツで収益6桁達成 【編集者】: イングリッシュアドバイザーとして勤務中(経歴)中学校教諭一種免許取得[英語],カナダ留学経験あり, TOEIC650点