大学院試 lab

【最新】大学院入試(理系)の難易度について東大院合格者が語ります

【最新】大学院入試(理系)の難易度について東大院合格者が語ります

 

 

  • 大学院の難易度が低いって本当??
  • 大学院に関する情報が少なすぎる…
  • 大学院の難易度を知るためにはどうすれば良い?

この悩みを徹底的に解決していきます。

少し早いですが、『理系大学院入試は簡単ではありません…』という結論を先に伝えます。

しかし、それだけではあまりに抽象的すぎるので本記事では、理系大学院入試の難易度、大学入試との比較、難しさを実体験から解説していきます。

記事を読み終えると理系大学院試験の難易度を適切に理解でき、大学院試の合格率アップにつなげることができます。

 

関連記事

記事の信頼性

詳しいプロフィールに関しては下記を参考にしてください。

努力のガリレオのプロフィールはこちら

また、本記事を読んで不明点や指摘等がありましたら、本記事のコメント欄か努力のガリレオのTwitterにメッセージを送っていただければ可能な限り返答します。

 

 

理系大学院入試の難易度が低くない 6つの理由

 

冒頭でも述べましたが、理系大学院入試の難易度は決して低くはないです。

理由は以下の6つです。

  1. 専門科目の難易度が高い
  2. 英語試験の難易度が高い
  3. 情報量が少なすぎる
  4. 院試の過去問の解答が公開されていない
  5. 面接試験・プレゼンがあることがある
  6. 英語と専門科目の両立が難しい

具体的に説明していきます。

 

専門科目の難易度が高い

 

大学入試に比べると科目数は確かに少なくなりますが、一つ一つの専門科目の難易度が遥かに難しくなります。

大学の定期試験を経験している方ならわかると思いますが、専門科目の定期試験は結構難しいですよね…

大学院入試は、定期試験以上に難しく広い範囲から問題が出題されます。

そのため『試験科目数が少ない=入試難易度が低い』というわけではありません…

また、大学院試の教材に関する情報が少ないという問題もあり、適切な教科書を選択できず不合格になってしまうということもよくあります…

そのため本ブログでは、適切な問題集・教科書に皆様が出会えるように自分が大学院史で使用した問題集を全て公開し、情報を共有しています。

詳しく情報は、下記を参考にしてください。

 

理系大学院対策用の問題集はこちら

 

英語の難易度が高い

 

理系大学院の入試では、英語の難易度がセンター試験より高くなります。

理由は、多くの理系大学院が英語試験として、TOEIC・TOEFLのスコアを採用しているからです。

TOEICやTOEFLでは、リスニングの内容がセンター試験に比べて圧倒的に難しくなり、配点も高くなります。

そのため、センター試験以上に対策に時間を要します。

英語試験に関しても、私が大学院試の際に利用した問題集の情報と各英語試験の対策法を全て共有しています。

具体的な内容に関しては下記を参考にしてください。

 

『英語が苦手すぎる』という方は、英語試験がない理系大学院試験もあるのでよく調べてください。

しかし、東大・東工大は基本的には英語試験が必須です。

 

情報量が少なすぎる

 

大学院入試は情報が少なすぎるため情報収拾が困難です。

そのため、大学院入試では情報を持っているかどうかで合格率が大きく変動します。

こういった難しさは大学入試には無い難しさです。

『院試の合格率を上げる情報』について詳しく知りたい人は下記を参考にしてください

【徹底解説】院試勉強法(院試を合格するために絶対必要な情報とは)院試の勉強を効率化するためには、情報量を収集することが重要です。大学入試と異なり情報量が合格率に大きく関係します。詳しくは、この記事を参考にしてください...

 

その情報量が顕著に現れるケースが、外部大学院を受けるケースです。

内部生と外部生のギャップを埋めるためには下記のカテゴリを参考にしてください。

 

大学院入試の情報はこちら

 

院試の過去問の解答が公開されていない

 

院試の解答は公式ページで公開されていないことも難易度が高い理由の一つです。
*院試の過去問は公式ページで公開されています

そのため、自分で作成する必要があります…

しかし、一度院試の問題を解いてみるとわかりますが結構難しいです。

おそらく多くの人が『解答なんて作れない…』という問題に直面します。

それが理系大学院試験の難しさの一つだと思います。

その悩みを少しでも解決できるように、いくつかの大学院の解答を私が作成しました。

 

詳しくは、下のボタンをクリックしてください!

院試の解答はこちら

 

さらに詳しい情報は下記を参考にしてください。

 

面接試験・プレゼン発表があることがある

 

大学院試験には、面接発表またはプレゼン発表があるケースがあります。

しかし、あまりに情報量が少なく対策が難しいです(特に外部から受験する人)

そのため、対策や練習に余計な時間がかかりすぎてしまいます…

また、面接内容が無知すぎて、全く無駄なことを行い、努力が空回りしてしまうケースもあります。

『院試の面接試験』について詳しく知りたい人は下記を参考にしてください

 

大学院試の面接について全て教えます。(東大大学院合格者が徹底解説)この記事では、大学院の面接試験の一般論を、私の経験と多くの院試を合格した友人の経験から記事にしました。面接試験は、どんな感じか知りたい人は、読んでください。この記事を読むことによって具体的な面接試験おイメージがわかると思います。...

 

英語の試験勉強と専門科目の両立が難しい

 

理系大学院試験では、特に英語試験と専門科目の両立が難しいです。

事実、私もバランスよく勉強するのに苦戦しました。

どのように計画を考えるかは、下記の合格者の体験記を参考にしてください。

 

私は、英語勉強を習慣化するためにオンライン英会話を利用しました。

強制というわけではないですが、下記の理由からオンライン英会話は院試対策に適していると考えています。

 

  1. 本番さながらのTOEIC・TOEFL対策ができるオンライン英会話がある
  2. 1レッスン25〜30分が習慣化しやすい
  3. 短期間でリスニング能力をあげられる
  4. 単語や構文を効率的にアウトプットすることができる
  5. 海外大学院を視野に入れることができる(海外大学院で必要なTOEFL iBTはスピーキングが必須)

そこで、実際に私が体験してきた(無料体験も含む)オンライン英会話に関する情報を皆様に紹介します。

『TOEIC対策に最適なオンライン英会話』は下記を参考にしてください

 

東大生がTOEIC対策に最適なオンライン英会話を5つ選んでみたオンライン英会話はTOEICのスコアを上げることができる最強なツールです。この記事では、TOEICにオンライン英会話が有効である理由とTOEIC対策に最適なオンライン英会話を厳選しました。詳しい内容は記事を参考にしてください。...

 

『TOEFL対策に最適なオンライン英会話』は下記を参考にしてください

 

東大生がTOEFL対策に最適なオンライン英会話を5つ選んでみたTOEFL対策にオンライン英会話は有効です。事実、私もTOEFL対策のためにオンライン英会話を使用してTOEFL ibtの4技能、TOEFL itpのスコアを爆上げすることができました。この記事では、私が思うTOEFL対策に最適なオンライン英会話を紹介しました。...

 

Yuma
Yuma
私も大学院試験期間中にオンライン英会話に登録していました。3年続けてTOEICでは950点、TOEFL itp では60点を取ることができました。

 

理系大学院の難易度は受験生・研究室による

 

理系大学院の難易度は、受験生・専攻・研究室によって大きく異なります。

  1. 受験する専攻による難易度の違い
  2. 受験する研究室による難易度の違い
  3. 内部受験か外部受験による難易度の違い

それぞれどのような違いが生じるのかを詳しく説明していきます。

 

受験する専攻による難易度の違い

 

大学入試でも学科によって難易度が異なりますが、大学院入試でも同様に難易度が異なります。

大学入試の場合、学科による難易度の違いはそこまで大きくはないですが、大学院入試の場合は専攻ごとに難易度が大きく異なります。

そのため、東大大学院の中でも合格しやすい専攻と合格しにくい専攻が存在します。

 

受験する研究室による難易度の違い

 

大学院入試の場合は、受験する研究室によって難易度が大きく異なります。

そのため、人気な研究室の入学は難しいです。

ある程度、人気な研究室を把握しておくことも重要かもしれませんね…

 

内部・外部の試験で難易度が大きく異なる

 

大学院入試は内部・外部生の試験合格率が異なります。

理由は、内部の方が圧倒的に情報を手に入れやすいからです。

実際、東大大学院の合格倍率(専攻ごとの目安)も以下のようになります。

東大大学院(内部受験) 1〜2倍
東大大学院(外部受験) 3〜5倍

*全研究科のおおよその平均倍率なので、目安程度に考えてください。

 

『外部の人が手に入れるべき大学院入試の情報』については下記を参考にしてください

【徹底解説】院試勉強法(院試を合格するために絶対必要な情報とは)院試の勉強を効率化するためには、情報量を収集することが重要です。大学入試と異なり情報量が合格率に大きく関係します。詳しくは、この記事を参考にしてください...

 

  • 内部試験:自分が所属する大学の大学院試験を受けること
  • 外部試験:自分が所属する大学外の大学院入試を受けること

*自分が所属する大学の別の専攻の大学院を受ける場合は外部に含めます

 

大学院入試の難易度は大学入試よりは低い?

実は、大学院入試は以下の三つの理由で大学入試より難易度が低いです

  1. 受験勉強期間が最大3年以上
  2. 国立でも併願可能
  3. 英語試験を何度も受けられる(英語試験がTOEIC・TOEFLのスコア提出の場合)

*まとめると準備期間が長いこととチャンスが多いことを以外は大学入試と変わらないです(むしろ大学院入試の方が問題の難易度は高いことがあります)

具体的に説明していきます。

 

受験勉強期間が最大3年以上

 

大学院入試の場合、大学入学時から始めれば最大3年以上の受験勉強期間を確保することができます。

受験勉強期間的には大学入試より長いです!!

『そんな時期から早すぎる…』と思う方もいますが、私は入学時から大学院入試を始めることをオススメします(実際に私は、入学時から大学院試を意識していました)

理由は、大学院入試対策には、大学院入試以外のメリットがたくさんあるからです。

より詳しい内容は下記を参考にしてください

院試勉強をいつから始めるべきか(東大大学院合格者が徹底解説)院試の勉強をいつからするべきか悩んでいませんか?答えは、この記事を読み終わってすぐに始めるべきです。院試勉強を早く始めることによって、就活と院試勉強の両立ができたり、専門科目の理解を深めたりすることができます。詳しい内容は、この記事を読んでください。...

 

国立でも併願可能

 

大学入試との大きな違いは、国立でも併願可能なところです。

東大でも異なる専攻毎に併願可能なケースがあります。

実際、私も東大大学院の研究科を三つ併願しました。

当然ですが、日程が重なってしまう場合は併願不可です。

そのため、公式ホームページ等から入試日程を早い段階から確認しておきましょう。

 

英語試験を何度も受けられる(英語試験がTOEIC・TOEFLのスコア提出の場合)

 

大学院入試で、TOEIC・TOEFLのスコア提出が英語試験の点数になる場合は、何度も英語試験を受けることが可能です。

大学入試ならではの一発勝負のプレッシャーを避けることができます!!

『大学院の英語試験』について詳しく知りたい人は下記を参考にしてください

 

【2020年版】院試の英語試験について(東大大学院合格者が解説)院試の英語試験について徹底解説しました。この記事では、英語試験の対策法から注意点などを、東大大学院合格の経験に基づいて詳しく説明しています。詳しくは記事を参考にしてください。...

 

 

まとめ

 

理系大学院入試の難易度について詳しく説明しました。

結論は、大学院入試は難易度は低くはない!

*受験者によって難易度は異なる

  • 受験する専攻による難易度の違い
  • 受験する研究室による難易度の違い
  • 内部受験か外部受験による難易度の違い

 

しかし、大学入試よりも難易度は低いという結論です。

大学入試より難易度が低い理由

  • 受験勉強期間が最大3年以上
  • 国立でも併願可能
  • 英語試験を何度も受けられる(英語試験がTOEIC・TOEFLのスコア提出の場合)

理系大学院入試の難易度が低くない 6つの理由

  • 専門科目の難易度が高い
  • 英語試験の難易度が高い
  • 情報量が少なすぎる
  • 院試の過去問の解答が公開されていない
  • 面接試験・プレゼンがあることがある
  • 英語と専門科目の両立が難しい

 

この記事を読んでこれから大学院入試を始めようと思った方は、今すぐ始めましょう!

大学院入試の早めの準備は、英語能力と論理的思考力も上げることができるため、就活と大学院入試の両立も可能にします。

すぐに実行する行動力が何よりも大切です…

さらに私は、大学院入試の時間を上手く使うためにブログに専門科目や英語の勉強方法をまとめることを以下の理由でオススメします(あくまでオススメです…)

 

  1. バイトの時間を減らし勉強時間を増やせる(ブログを書くことで稼ぎを得ることができる)
  2. リスクが全くない
  3. 勉強のアウトプットとして使える(人が理解できるレベルでブログをまとめられる = 完全な理解)
  4. 学びながら稼げる
  5. 就活のアピールになる(本格的なプログラミングの記事の作成等は当然IT系の企業へのアピールになります)

実際、筆者もさまざまな場面で自分のブログをアピールとして使用してきました。

また、当ブログではプログラミング等の記事も執筆しているため、SNSを通して数企業から話をもらうことができました。

より詳しくメリット・デメリットを知りたい人は下記を参考にしてださい。

  1. 【東大生が解説】ブログを始める7つのメリットと4つのデメリット
  2. 【東大生が解説】大学生もブログで稼げるって本当?

 

下記を参考にすることで10〜15分でブログを簡単に作成することができます(キャンペー中です)

 

【10分】WordPressブログのクイックスタートによる始め方「WordPressブログを始めるのって難しそう...」と思っている方は意外と多いかもしれません。しかし、エックスサーバが提供しているWordPressクイックスタートを利用すれば、初心者の方でも『クレジットカードの新規登録』程度の手間で10分程度でWordPressブログを作成することができます。...

 

ブログのことに関しても、本記事のコメント欄または、努力のガリレオのTwitterにメッセージを送っていただければ、可能な限り返答します(忙しくて返答が遅くなることは頻繁にあります…)

 

ABOUT ME
努力のガリレオ
【運営者】 : 東大で理論物理を研究中(経歴)東京大学, TOEIC950点, NASA留学, カナダ滞在経験有り, 最優秀塾講師賞, オンライン英会話講師試験合格, ブログと独自コンテンツで収益6桁達成 【編集者】: イングリッシュアドバイザーとして勤務中(経歴)中学校教諭一種免許取得[英語],カナダ留学経験あり, TOEIC650点