LaTeX

【入門】Latexでプレゼンの作り方(Beamer)

【入門】Latexでプレゼンの作り方(Beamer)

 

Yuma
Yuma
LaTexを使ってプレゼン資料を作る方法を紹介していきます。 

 

 

LaTeXでスライド

 

LaTeXでスライドを作るには、一般的にBeamerというクラスを使用します。

Beamerで初期設定を行う

 

  1. documentclassを設定
  2. 使用するパッケージを設定
  3. 各種デザインの設定

 

documentclassの設定

 

documentクラスは以下のように設定してください。

\documentclass[dvipdfmx, 12pt]{beamer}

 

また、『aspectratio=169』を設定することでスライドの比率を16 : 9に指定することができます。

\documentclass[aspectratio=169, dvipdfmx, 12pt]{beamer}

 

使用するパッケージを指定

 

使用するパッケージは通常のLatexと同様に以下のようにパッケージを指定することができます。

\usepackage{パッケージ名}

 

文書ファイル同様に、スタイルファイルを使用することができます。

 

各種デザインの設定

 

Beamerでは細かいところまで既存のファイルを使って設定できます。

入力  
\usetheme 全体のテーマを設定
\usecolortheme 色を設定
\useinnertheme フレーム内側の設定(block, itemize, etc)
\useoutertheme フレーム外側の設定(header, footer, title)
\usefontthema フォントの設定

この辺の設定は、様々なテンプレートが用意されているので参考にしてください

 

スライドの作り方

 

以下の手順でスライドの作り方を説明していきます。

  1. タイトル・著者名・日付の設定
  2. タイトルページの作成
  3. スライドの作成方法
  4. 目次ページの作成

 

タイトル・著者名・日付の設定

 

Latexの文章作成同様下記のようにタイトル等を設定します。

\title{タイトル}
\subtitle{サブタイトル}
\author[著者略称]{作者}
\institute[所属略称]{所属}
\date{\today}

 

タイトルページの作成

 

『\begin{document} 〜 \end{document}』の先頭に『\maketitle』を記述することで作成できます。

\maketitle

 

<output>

タイトルページ

 

スライドの作成方法

 

以下のように入力することでスライドを作成することができます。

\begin{frame}{スライド}
数式を書くことができるよ。
\begin{equation}
    \frac{1}{s^{2}}\frac{\partial^{2} u}{\partial t^{2}} = \frac{\partial^{2} u}{\partial x^{2}} + \frac{\partial^{2} u}{\partial y^{2}} + \frac{\partial^{2} u}{\partial z^{2}}
\end{equation}
\end{frame}

 

<output>

beamerスライド

このように数式を簡単に書くことができます。

 

\section{セクション名}
\begin{frame}{スライド}
数式を書くことができるよ。
\begin{equation}
    \frac{1}{s^{2}}\frac{\partial^{2} u}{\partial t^{2}} = \frac{\partial^{2} u}{\partial x^{2}} + \frac{\partial^{2} u}{\partial y^{2}} + \frac{\partial^{2} u}{\partial z^{2}}
\end{equation}
\end{frame}

 

目次ページの作成

 

下記のように区切りたいところで『\section』を入力してください。

\section{セクション名}
\begin{frame}{スライド}
数式を書くことができるよ。
\begin{equation}
    \frac{1}{s^{2}}\frac{\partial^{2} u}{\partial t^{2}} = \frac{\partial^{2} u}{\partial x^{2}} + \frac{\partial^{2} u}{\partial y^{2}} + \frac{\partial^{2} u}{\partial z^{2}}
\end{equation}
\end{frame}

 

このセクションを利用して綺麗な目次ページを下記のコードで作成することができます。

\begin{frame}{目次}
    \tableofcontents
\end{frame}

 

<output>

目次

 

まとめ

 

Latexでスライドを作成する方法を紹介しました。

数式や図を多く使用する方は、ぜひ利用してみてください。

ABOUT ME
努力のガリレオ
【運営者】 : 東大で理論物理を研究中(経歴)東京大学, TOEIC950点, NASA留学, カナダ滞在経験有り, 最優秀塾講師賞, オンライン英会話講師試験合格, ブログと独自コンテンツで収益6桁達成 【編集者】: イングリッシュアドバイザーとして勤務中(経歴)中学校教諭一種免許取得[英語],カナダ留学経験あり, TOEIC650点