Programming lab

【10分で完了】Google Colabのインストール法・使い方

Google Colabのインストール法・使い方

 

 

  • Google Colaboratoryの導入方法を知りたい
  • Google Colaboratoryってなんだ?

この悩みを解決していきます。

本記事の内容

  1. Google Colabの基本知識
  2. Google Colabの導入方法
  3. Google Colabの注意事項

本記事を読み終えるメリット

  1. Google Colabを簡単に導入できる
  2. Google Colabの基本的なルールを知ることができる

Google Colabとは

 

Google Colaboratory(Colab)はGoogleのブラウザからPythonを実行できる機能を持っています。

それ以外も以下のメリットを持っています。

  1. 機械学習に必要なライブラリが始めから導入されている
  2. GPUに無料でアクセスすることができる
  3. コードの共有が簡単

『ライブラリ?』、『GPUってなんだ?』という方はとりあえず、今の時点では機械学習に必要なものが最初から導入されていて便利と思っておいてください。

詳細は下記の動画を参考にしてください。

 

Google Colabのインストール方法

以下のステップでGoogle Colabをインストールしていきます。

  1. Google アカウントを作成(既にアカウントを持っている方は次のステップへ)
  2. Google driveからColabをインストール
  3. Google Colabにアクセス

10分程度で作業は終了します。

Google アカウントを作成

 

Googleをアカウントを持っていない方は、下のボタンからGoogle アカウントを作成しましょう。

Google アカウントの作成はこちら

Google ドライブにGoogle Colaboratoryを追加

 

まずは、Googleドライブにアクセスしましょう。

使ったことがない方は、下のボタンをクリックし移動しましょう。

Google ドライブに移動

下の画面に移動します。

colabのインストール法1

ドライブに移動』をクリックしてください。

新規』をクリックしてください。

『その他』→ 『アプリを追加』をクリックしてください。

上の検索欄に『Colaboratory』と入力してください。

上の画面の指定箇所をクリックしてください。

『インストール』をクリックしてください。

この画面が表示されたら、『続行』をクリックしましょう。

『OK』をクリックしましょう。

『完了』をクリックしたらインストール完了です。

Google Colabにアクセス

 

インストールが完了したので、Google Colabにアクセスしましょう。

『新規』→ 『その他』 → 『Google Colaboratory』をクリックしましょう。

これで、Pythonを入力できるnotebookを表示することができました。

Google Colabratoryのインストールは終了です。

Google Colabの注意点

Google Colaboratoryは、以下のような制約があることに注意してください。

以下の制約は、『90分ルールと12時間ルール』と呼ばれます。

以下の二つのでPythonコードの実行が停止してしまう

  • 12時間ルール : ノートブックを実行して12時間経過
  • 90分ルール : ノードブックの使用を止めて90分経過

12時間ルールは、深層学習など学習時間の長いコードを実行する際には、大きな問題になります。

そのためにも、長期的な学習を行う場合は、定期的に学習の結果をGoogle Driveに保存するようにしましょう。

 

Google Driveのファイルへのアクセス方法

 

Google Drive上のファイルにアクセスする方法は、主に二つの方法があります。

ここからは、二つの方法を画像を使いながら解説していきます。

Authorization codeを入力する方法

 

セルに以下を入力し実行してください。

from google.colab import drive 
drive.mount('/content/drive')

 

<出力>

Googleドライブをマウント

 

表示されているURLをクリックすると、認証コード取得画面に移動します。

 

マウントするアカウントを選択

 

使用したいGoogleドライブのアカウントをクリックしてください。

認証コードの取得許可

認証コードを取得するために、信頼性を許可する必要があります。

問題がなければ、赤枠で囲まれている『許可』をクリックしてください。

認証コードをコピー

右の四角をクリックし、認証コードをコピーしましょう。

コピーしたら、Google Colabに戻りましょう。

 

 

『Enter your authorization code: 』の下にコピーした認証コードを貼り付けることで指定したアカウントのGoogleドライブ上のファイルをインポートすることができるようになります。

 

Google Colabのフォルダ画面からGoogle Driveを利用する方法

 

もう一つの方法は、Google Colabを開いているアカウントのGoogleドライブにアクセスする際に有効な方法です。

上述の認証コードを取得する方法よりも高速にできます。

では早速、説明していきます。

 

フォルダ画面にアクセス

赤枠を番号順にクリックしてください。

 

マウントの許可画面

『GOOGLE ドライブに接続』をクリックすることで、Googleドライブ上のファイルにアクセスできるようになります。

 

Google Colaboratoryでよく使用する機能

 

Google Colaboratoryでよく使用する機能を紹介していきます。

 

コード(セル)終了の通知音を鳴らす

 

下記のコードで通知音を鳴らす関数を定義してください。

from google.colab import output
def notif():
  output.eval_js('new Audio("https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/05/Beep-09.ogg").play()') 

参考 : Is there a way to make Colab give an Audio Notification when cell has finished running

 

あとは、実行したいコードの最後に『notif()』と入力することで、通知音を鳴らすことができます。

 

 

 

まとめ

 

今回は、Google Colaboratoryの基本的な導入方法と使い方について解説しました。

  • Google Colabとは
  • Google Colabのインストール方法
  • Google Colabの注意点

Google ColabはGPUも使用できるため、低コスト・高速で機械学習を実装するには、必要不可欠な存在です。

皆さんも、導入しておくことを進めます。

 

ABOUT ME
努力のガリレオ
【運営者】 : 東大で理論物理を研究中(経歴)東京大学, TOEIC950点, NASA留学, カナダ滞在経験有り, 最優秀塾講師賞, オンライン英会話講師試験合格, ブログと独自コンテンツで収益6桁達成 【編集者】: イングリッシュアドバイザーとして勤務中(経歴)中学校教諭一種免許取得[英語],カナダ留学経験あり, TOEIC650点